リサイクルフェスタ2018で開院

屋外おもちゃの病院リサちゃん

10月13日(土)日鋼町すずかけ公園で開催された”リサイクルフェスタ2018”に「おもちゃの病院」が開院されました。”おもちゃは子供の宝”壊れるとガッカリして捨てられてしまうかそのまま放置されるかですね。これをおもちゃ修理に興味と技術を持つおじさんたちがほとんど無料で治してくれるんですよ。通常は毎月第2土曜日10時からグリーンプラザ分館2F「リサちゃんショップ」で開院されています。今回はPR不足もあり受付数は7件で2件は入院になりました。 若松町5丁目 井家

Repair report 2017 by TI

1.TMミシン 症状:動かない

モーター軸直結のピニオンギヤの割れが原因でしたが、モジュールが0.6のなかなか入手が困難なもだったため、メールで募ったところ新川さんが保有していることで分けてもらい治すことができました。

2.ラジコンカー 症状:動かない

投稿ページ

おもちゃは子供達の宝物、こわれたら捨てるのではなく、治療を受けて元気を取り戻したおもちゃと新しいおつきあいが始まれば、いっそう愛着が増そうというもの。「おもちゃの病院」は子供たちとおもちゃのこんな関係を通じて子供たちが物を大切にする心を育んでくれることを願っています。こわれたままになっているおもちゃや、調子が悪くて遊べないおもちゃはありませんか。そのような時にはお気軽にご利用ください。このブログでは、これからいくつかのおもちゃの修理の状況を紹介していきます。

なお、この「おもちゃの病院」事業はNPO法人府中リサイクル推進協会が行なっています

おもちゃの病院受診の風景

おもちゃの修理風景